スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「64」は横山秀夫の最高傑作!

横山秀夫の「64」を読みました。これは傑作です。最近「光圀伝」や「何者」、「県庁おもてなし課」など面白い小説に恵まれていたんだけど、これは別格ですね。凄すぎる。


もともと横山秀夫の小説は「半落ち」や「クライマーズ・ハイ」などすこぶる面白い作品が多いけど、この「64」は横山秀夫の最高傑作といって間違いないでしょう。


D県警の刑事上がりの広報官が主人公。家庭にも大きな問題を抱えながら、警察では現場とキャリアの間で苦悩し自らのアイデンティティに悩んで仕事をしている。そこに警察庁長官の視察と未解決だった14年前の誘拐事件を真似た誘拐事件が起こる。


次々に起こる難題と意外なストーリー展開。647ページの分厚い本ですが、一気読みです。誘拐事件と新聞社とのせめぎあい、署内の派閥争いの中で試される自らのアイデンティティと矜持。痺れますね。


横山秀夫の「64」、この本読まないと損ですよ。

スポンサーサイト

面白かった!『何者』と『県庁おもてなし課』

久々に時間を忘れるほど面白い本に出会えた。しかも2冊連続で!朝井リョウの『何者』と有川浩の『県庁おもてなし課』だ。

『何者』は朝井リョウの直木賞受賞作で、就活をする5人の大学生の心の内面を描いた作品。今時の若者らしくそれぞれの登場人物が頻繁にTwitterにつぶやく。ポジティブ過ぎるつぶやきばかりするものや、2つのアカウントを作りサブアカウントでのみ本音をつぶやくもの、誰に見られてもいいように言葉を選んでつぶやくもの、3枚目的なおちゃらけたつぶやきばかりのもの、意識の高い大学生丸出しのつぶやきをするもの。


現実の行動とTwitterでのつぶやきの内容の差を描くことで、登場人物の性格をうまく表現できているように思えた。「就活」を描いた話題作という情報を聞いていたけど、Twitterを上手く使った小説として印象深かった。


『何者』以前では、『桐島、部活やめるってよ』の映画を見て面白かったので、原作をAmazonで検索したところ妙に評価が低かった。でも実際に読んでみたら映画とは違う内容で映画とは違った意味で結構面白かった。高校生のスクールカーストに対する心情を上手に描いてるなと思った。それも含め朝井リョウ。の小説はまだ2冊しか読んでないけど、他の作品も読んでみたくなった。


心の内面の描き方が面白かった『何者』に対して、有川浩の『県庁おもてなし課』はただただストーリーを追うのが楽しい小説。もともと有川浩の小説は『図書館戦争』や『阪急電車』、『三匹のおっさん』、『シアター!』などでストーリーテリングの上手い人だとは思ってたけど、今まで読んだ有川作品ではこの『県庁おもてなし課』が最高だった。


高知県庁が観光立国を目指して発足させたおもてなし課一番の若手の掛水が主人公。掛水が観光発展のためにもがくうちに高知県出身の作家吉門と知り合い、吉門や観光コンサルタントの清遠に「お役所仕事」だの「民間感覚」がないと叱咤されながら成長し、困難に立ち向かいながらも高知県の観光立国化を進めてゆくというお話。


簡単に言ってしまえばサクセスストーリーだけど、それを縦糸とすると、そこに主人公のラブストーリーや吉門のラブストーリー、さらには吉門の父親との関係が横糸として絡む。この辺りすごく上手いと思った。


『県庁おもてなし課』は最近映画化されて、そのキャスティングは主人公の掛水が錦戸亮で相手役が堀北真希と知っていて、読んでいてもそのイメージで読んじゃったけど、全然違和感なかった。でも吉門役の高良健吾はちょっと線細すぎじゃない?掛水の能ある鷹は爪隠すタイプの上司役の甲本雅裕はかなり違和感、あんまり爪隠してる感なし。一番の違和感は清遠和政役の船越英一郎。迫力無さすぎ。イメージ的には原田芳雄かな(無理ですが)。


ちなみに反骨の観光コンサルタント清遠和政は、高知県在住のグラフィックデザイナー、梅原真さんとイメージが被る。自分的には梅原さんがモデルになってるんじゃないかと思うんだけどいかがなもんでしょう?

梅原さんが関わるプロジェクトはなぜ成功するのか?:日経ビジネスオンライン
高知県在住のグラフィックデザイナー、梅原真 ...

こちらは上の日経ビジネスオンラインで連載を書籍化したもの

「リアルフリーのビジネス戦略」

この本を書いたのは「脱毛サロン ミュゼプラチナム」の創業者の高橋仁さん。この分野はあまり知らなかったけど、この本によるとワキの脱毛の価格破壊をしたのだとか。サイトを見たらトリンドル玲奈のCMがあってそれなら見たことあると気が付いた。

デジタルな市場を中心に書かれているクリス・アンダーソンの「フリー ~ 〈無料〉からお金を生みだす新戦略」を引き合いに出しながら、それをリアルな世界で実践し成長を遂げたミュゼプラチナムの数々のビジネス戦略上の工夫がこの本には書かれている。

最も重要に思える戦略は、古い体質の会社が支配する業界をターゲットに選び、コスト削減を実現した上で圧倒的に安いワキの脱毛で口コミによる広告効果を得たことだ。EvernoteやSkypeのような「フリーミアム」モデルを採ったのである。

フリーミアム(Freemium)とは、基本的なサービスや製品を無料で提供し、さらに高度な機能や特別な機能について料金を課金する仕組みのビジネスモデルである。(Wikipediaより)

エステ業界を選んだ理由だったり口コミを活用するための出店戦略だったりについても、よく考えられていて納得できた。

人は本能に訴えられたとき、そのサービスをもっともっと受けたい、何度も手に入れたいと感じるようになる。一度きりでは終わることのない人間の欲望を利用することが、リアルフリーで成功するためには必須だ。
「手ごろな規模の地方都市を制覇→ 隣接市・県に進出して、さらに広い範囲でのドミナント戦略を実施」という流れが、 出店戦略の基本だ。

社員のモチベーション管理についても

歩合による「お金」だけが、従業員のモチベーションアップに役立つわけではない。いや、過剰なインセンティブは、長期的には従業員を疲弊させ、スタッフ同士の関係を崩壊させる危険がある。それより、従業員が働きやすい環境を精一杯準備する方が、モチベーション向上に役立つのだ。
と、とても納得させられる。

今後はGoogleやYahooのように全て無料にして広告などの他の部分で収益を得る「三者間市場」モデルに移行しようとしているとのこと。

Free(無料)から利益を生み出すビジネスモデルの一つ。サービスを利用するユーザーが直接費用を負担するのではなく、第三者が代わって費用を負担するモデル。広告モデルや、集客代行モデルなどが該当する。(GLOBIS.JP MBA経営辞書より)

具体的には全てのサービスを無料にしてコミュニティを形成し、その情報で収益化するという計画らしい。実現はかなり難しそうな気がするが、今後のミュゼプラチナムの動きはウォッチしておきたいと思った。

クリス・アンダーソン
日本放送出版協会 2009-11-21
¥ 1,890

『麒麟の翼』名所巡りツアー

東野圭吾ファンの母が上京したので、1月4日に初詣も兼ねて『麒麟の翼』名所巡りツアーに行って来ました。

『麒麟の翼』は東野圭吾の加賀恭一郎シリーズの最新作で映画化もされました。加賀恭一郎シリーズは基本的に舞台が人形町なんですが、この作品も人形町~日本橋あたりが舞台になっています。

まずは小説でも重要なイベントである「日本橋七福神めぐり」から始めます。七福神は「人形町」駅を中心にほぼ円を描くように配置されています。

shichifuku_map
日本橋七福神巡りコース | 東京日本橋 人形町より


七福神の一つ目は安産祈願でお馴染みの「水天宮」です。水難除けなどのご利益もあるそうです。
IMG_0271.JPG

次は「茶ノ木神社」。布袋尊を祭った神社です。
IMG_0273.JPG

3番目は「松島神社」。ビルの1階にある大黒天を祭った神社です。水天宮から始めて一旦は時計回りに行きかけたんですが、回る順番は特にないと聞き、その後の都合もあり時計と反対周りに変更です。
IMG_0275.JPG

4番目は「笠間稲荷神社」。その前の「松島神社」からここ「笠間稲荷神社」に来る途中の右手に浜町公園があります。映画ではガッキーの夫役の三浦貴大が罪を犯した後怖くなって隠れる場所が浜町公園だと思います。実際は中井貴一が刺された地下道は全然遠いんですけどね。
IMG_0276.JPG

5番目は「末廣神社」。毘沙門天を祭った神社です。小さい上に奥まったところにあり注意しないと通り過ぎてしまいそうな神社です。
IMG_0277.JPG

6番目は「椙森(すぎのもり)神社」。恵比寿神を祭った神社です。スタートが3時過ぎだったので既に薄暗くなり始めてしまいました。
IMG_0279.JPG

7番目、最後は「小網神社」。完全に暗くなっていたんですが、兜町が近いせいか会社からお参りに来た人でごった返していました。
IMG_0281.JPG

ここから映画で中井貴一が刺された地下道を経由して日本橋へ。小説・映画のタイトルになった麒麟像です。日は完全に暮れてしまいましたが、ライトアップが効果的でかえって良かったかも。小説・映画では重要な役割を担っています。
IMG_0284.JPG

小説とは関係ないですが、ついでに東京駅舎のライトアップも見てきました。カッコいいですね。
IMG_0290.JPG


これが小説です。東野圭吾の作品の中でも好きな作品です。「トキオ」もそうでしたが、東野圭吾は父子の話がうまいと思います。
東野 圭吾
講談社 2011-03-03
¥ 1,680


こちらは映画化作品。中井貴一と松坂桃李がいい演技だと思いました。泣けちゃいました。ガッキーも本来の可愛らしさを消して質素で怒りっぽく不安げな感じをよく出していました。

「社会をよくしてお金も稼げるしくみのつくりかた」

この本の著者の小暮真久さんはマッキーゼーを辞めてテーブル・フォー・ツーというNPOを作った人。

テーブル・フォー・ツーとは、協力企業の社食にダイエットメニューを設け20円高く価格設定してその20円を開発途上国の貧しい子供の給食費にする。そうして先進国(日本)の肥満を減らすと共に発展途上国の飢餓・栄養不足を解消するという一石二鳥を狙ったNPOだ。

社会貢献活動の主体は、政府とNPOと企業の3者。この本はそのうちNPOと企業のモチベーションについて書かれていると感じた。

NPOに関わる人のモチベーション

NPOに関わる人のモチベーションは以下の2つ。
  1. 「社会を良くする」という気持ち。
  2. 特化した業務を遂行する歯車としてではなく、全てのことを1人で自律的に行うことによる充実感や経験。
1.については
どんなに優秀な人を組織内に抱えていたとしても、その人のモチベーションが低く、やりがいを持って仕事に取り組んでもらえなければ、生産性の低下や無駄なコストを発生させるだけなのは多くの人が実感するところでしょう。 逆に、自分の仕事が「誰かの役に立っている、人を幸せにしている」と実感し、やる気に火がついたとき、人は驚くような能力を発揮するものです。(P.86)
とある。

2.については実際に、有名なアメリカのTFA(ティーチ・フォー・アメリカ)というNPOはアメリカの学部学生の就職先人気ランキング10位に入っており、このプログラムを終了した人材の優秀性も企業から高い評価を得ている。
GEのような企業とTFAのようなNPOで求める人材に共通している点がある。それは多様な場面において大局観をもってリーダーシップをとれる人だ(P.104)
ちょうど同じような話が最近読んだブログエントリーにあった。

リーダーシップ養成機関としてのNPO(「採用基準」より) | ihayato.news
あまり明示的に語られることがありませんが、NPOはリーダーシップ養成機関として優れた特徴を持っています。

NPOに関わる企業のモチベーション

NPOに関わる企業のモチベーションは
  1. 企業の中の人が、自社が「社会を良くする」機能を持っているんだという誇りを持てることによモラールの高揚。
  2. 発展途上国支援の場合、未開拓なマーケットのリサーチができることとファンを作れること。

12月6日に行われた出版記念イベントにも参加したが、著者の小暮真久さんの情報発信の力点はどちらかというと企業のモチベーションにあって、そういう企業にとってのメリットを情報発信することで社会貢献に協力する企業を増やす必要があるのだろうと思った。

自分個人としてはNPO自体に興味があってこの本を手にしたのだが、社会貢献に積極的な企業が少ない中で、企業の協力を増やしていくというのがNPOに取って大きな課題なのだということがよくわかった。
プロフィール

kaz

Author:kaz
本がとにかく好き。あとはテニス、映画、音楽、デジタル・ガジェットも。iPadラブ。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。