スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リアルフリーのビジネス戦略」

この本を書いたのは「脱毛サロン ミュゼプラチナム」の創業者の高橋仁さん。この分野はあまり知らなかったけど、この本によるとワキの脱毛の価格破壊をしたのだとか。サイトを見たらトリンドル玲奈のCMがあってそれなら見たことあると気が付いた。

デジタルな市場を中心に書かれているクリス・アンダーソンの「フリー ~ 〈無料〉からお金を生みだす新戦略」を引き合いに出しながら、それをリアルな世界で実践し成長を遂げたミュゼプラチナムの数々のビジネス戦略上の工夫がこの本には書かれている。

最も重要に思える戦略は、古い体質の会社が支配する業界をターゲットに選び、コスト削減を実現した上で圧倒的に安いワキの脱毛で口コミによる広告効果を得たことだ。EvernoteやSkypeのような「フリーミアム」モデルを採ったのである。

フリーミアム(Freemium)とは、基本的なサービスや製品を無料で提供し、さらに高度な機能や特別な機能について料金を課金する仕組みのビジネスモデルである。(Wikipediaより)

エステ業界を選んだ理由だったり口コミを活用するための出店戦略だったりについても、よく考えられていて納得できた。

人は本能に訴えられたとき、そのサービスをもっともっと受けたい、何度も手に入れたいと感じるようになる。一度きりでは終わることのない人間の欲望を利用することが、リアルフリーで成功するためには必須だ。
「手ごろな規模の地方都市を制覇→ 隣接市・県に進出して、さらに広い範囲でのドミナント戦略を実施」という流れが、 出店戦略の基本だ。

社員のモチベーション管理についても

歩合による「お金」だけが、従業員のモチベーションアップに役立つわけではない。いや、過剰なインセンティブは、長期的には従業員を疲弊させ、スタッフ同士の関係を崩壊させる危険がある。それより、従業員が働きやすい環境を精一杯準備する方が、モチベーション向上に役立つのだ。
と、とても納得させられる。

今後はGoogleやYahooのように全て無料にして広告などの他の部分で収益を得る「三者間市場」モデルに移行しようとしているとのこと。

Free(無料)から利益を生み出すビジネスモデルの一つ。サービスを利用するユーザーが直接費用を負担するのではなく、第三者が代わって費用を負担するモデル。広告モデルや、集客代行モデルなどが該当する。(GLOBIS.JP MBA経営辞書より)

具体的には全てのサービスを無料にしてコミュニティを形成し、その情報で収益化するという計画らしい。実現はかなり難しそうな気がするが、今後のミュゼプラチナムの動きはウォッチしておきたいと思った。

クリス・アンダーソン
日本放送出版協会 2009-11-21
¥ 1,890
スポンサーサイト

「社会をよくしてお金も稼げるしくみのつくりかた」

この本の著者の小暮真久さんはマッキーゼーを辞めてテーブル・フォー・ツーというNPOを作った人。

テーブル・フォー・ツーとは、協力企業の社食にダイエットメニューを設け20円高く価格設定してその20円を開発途上国の貧しい子供の給食費にする。そうして先進国(日本)の肥満を減らすと共に発展途上国の飢餓・栄養不足を解消するという一石二鳥を狙ったNPOだ。

社会貢献活動の主体は、政府とNPOと企業の3者。この本はそのうちNPOと企業のモチベーションについて書かれていると感じた。

NPOに関わる人のモチベーション

NPOに関わる人のモチベーションは以下の2つ。
  1. 「社会を良くする」という気持ち。
  2. 特化した業務を遂行する歯車としてではなく、全てのことを1人で自律的に行うことによる充実感や経験。
1.については
どんなに優秀な人を組織内に抱えていたとしても、その人のモチベーションが低く、やりがいを持って仕事に取り組んでもらえなければ、生産性の低下や無駄なコストを発生させるだけなのは多くの人が実感するところでしょう。 逆に、自分の仕事が「誰かの役に立っている、人を幸せにしている」と実感し、やる気に火がついたとき、人は驚くような能力を発揮するものです。(P.86)
とある。

2.については実際に、有名なアメリカのTFA(ティーチ・フォー・アメリカ)というNPOはアメリカの学部学生の就職先人気ランキング10位に入っており、このプログラムを終了した人材の優秀性も企業から高い評価を得ている。
GEのような企業とTFAのようなNPOで求める人材に共通している点がある。それは多様な場面において大局観をもってリーダーシップをとれる人だ(P.104)
ちょうど同じような話が最近読んだブログエントリーにあった。

リーダーシップ養成機関としてのNPO(「採用基準」より) | ihayato.news
あまり明示的に語られることがありませんが、NPOはリーダーシップ養成機関として優れた特徴を持っています。

NPOに関わる企業のモチベーション

NPOに関わる企業のモチベーションは
  1. 企業の中の人が、自社が「社会を良くする」機能を持っているんだという誇りを持てることによモラールの高揚。
  2. 発展途上国支援の場合、未開拓なマーケットのリサーチができることとファンを作れること。

12月6日に行われた出版記念イベントにも参加したが、著者の小暮真久さんの情報発信の力点はどちらかというと企業のモチベーションにあって、そういう企業にとってのメリットを情報発信することで社会貢献に協力する企業を増やす必要があるのだろうと思った。

自分個人としてはNPO自体に興味があってこの本を手にしたのだが、社会貢献に積極的な企業が少ない中で、企業の協力を増やしていくというのがNPOに取って大きな課題なのだということがよくわかった。

『世界を変えるオシゴト』社会起業家になったふたりの女の子のお話


世界を変えるオシゴト 社会起業家になったふたりの女の子の感動物語 (講談社BIZ)世界を変えるオシゴト 社会起業家になったふたりの女の子の感動物語 (講談社BIZ)
(2010/05/26)
マリー・ソー、キャロル・チャウ 他

商品詳細を見る

『世界を変えるオシゴト』は社会起業家になった二人の女の子マリーとキャロルのお話。

同じようなバックボーンを持つ二人はハーバード大学のケネディスクールで出会う。ハーバード大学ケネディスクールは
将来国際機関や政府系機関で政策を立案したり、NPOやNGOなどで社会問題を解決できる人材の輩出をめざしています。
というところだ。そういう学校でも、実際に卒業して社会起業家になる人の割合はわずかに2%だったらしい。でも彼女らは
世界を良い方向へ変えていけるような仕事をしたい。それが私たち二人にとって共通の思いでした。
との強い思いを持って、社会起業家としてプロジェクトを立ち上げる。

最初のプロジェクトは、中国の貧困の村を巡回する「移動映画バス」というもの。これはいくつかの理由で頓挫するのだが
しかし、私たちは、これを失敗とは捉えませんでした。失敗から新たなチャンスが巡ってくることは、ケネディスクールで学んだ過去の統計データからすでに分析済みです。
と全くめげずに次のプロジェクトを立ち上げる。それがチベットの僻地で放牧されているヤク(牛科の動物)の乳が原料のチーズとヤクの毛を使った毛糸のビジネス。チーズを扱うブランドが「メイシャン」、毛糸を扱うブランドが「ショーケイ」という。

今回の最初の難関はチベットの地元の人々の協力がなかなか得られなかったことだ。
ショーケイプロジェクトを始めて最初に感じたのは、地元の人たちとの信頼関係を築くことの難しさでした。正直、私たちのビジネスのコンセプトが伝われば、地元の人たちも喜んで参加してくれるものと思っていました。ところが、なかなかそれが伝わらないのです。
二人はこういった困難にも体当たりでぶつかってなんとかクリアしていく。
どんなに学校で高度な知識を学んでいても、どんなにたくさんの事例を知っていても、所詮最後は、人間対人間。人とのつながりをどうつくっていくかが、プロジェクト成功の鍵のような気がします。
このようにして数々の困難をクリアして製品化した商品は順調に売り上げを伸ばす。そこには
ショーケイブランドの背景にあるストーリーに共感し、購入を決めたという人が意外に多かったのが、新鮮な驚きでした。世の中のために何か役立つことをしたい、世界の貧困状況の解決につながればと思う人たちは、私たちが想像する以上にたくさんいるのです。ただ、どんなアクションを起こしたらいいかわからない。そんな人々の潜在的な気持ちが、ショーケイのようなストーリーを知って、”ショッピング”で行動を起こすきっかけになったのかもしれません。
というような背景もあったのだろう。これは東日本大震災の後、チャリティ付きの商品やサービスが人気を出したことでも証明されていると思う。

「メイシャン」「ショーケイ」ともにビジネスとして成功を収め、ショーケイは世界13カ国に販売網を持ち、日本でも販売されている。
luxury with a story, style with a touch of humanity. | SHOKAY
ショーケイの日本のサイト

他に面白かった内容としては
世の中のために何か行動を起こすなら、より社会的に注目される方法で行いたい。この考え方は、その後のショーケイのビジネスにもつながっていきました。そして大きなインパクトを生むには、イノベーション、つまり、それまでにない新しいアイデアが大切だということも、このとき感じたことです。
ミシガン大学のプラハラード教授という経営学者が提唱した「ボトム・オブ・ピラミッド(経済ピラミッドの底辺)」理論にも触発されました。その理論によると、「全世界の毎日2ドル未満で暮らしている40億人こそ、次の世界貿易の牽引力となる。肝心なのは貧困層を被害者あるいは社会の重荷と見なすのではなく、活力と創造力がある起業家であり、価値ある消費者であると見なすべきだ」と。
があった。



日本では東日本大震災以降、仕事に対する価値観が変化してきているように思う。

ただ、東日本大震災がその変化を明確にしただけで、日本だけではなく世界中で、仕事の目的はお金儲けだけじゃないという考え方は既にトレンドになっていてパラダイム転換が起こりつつあるのかもしれない。そして、お金儲けに代わる仕事の目的がこの二人のように「世界を変える」ということなら未来も捨てたもんじゃないと感じた。

テレビ番組リサーチャーが書いた『プロフェッショナルの情報術』は情報収集についてのヒントがいっぱい

プロフェッショナルの情報術 なぜ、ネットだけではダメなのか?プロフェッショナルの情報術 なぜ、ネットだけではダメなのか?
(2011/07/30)
喜多あおい

商品詳細を見る

『プロフェッショナルの情報術』は「テレビ番組リサーチャー」という仕事をしている喜多あおいさんが書いた情報術についての本。「テレビ番組リサーチャー」というのは情報バラエティ番組やクイズ番組などに必要な情報を収集し提供する仕事とのこと。

喜多さんが関わってきた番組を見ると「行列のできる法律相談」「SmaSTATION!!」「Qさま!!」「まさかのミステリー」など見たことのある番組が多い上、たしかに情報バラエティ番組やクイズ番組の情報の切り口ってすごく面白いと感じていたので、その情報術についてとても興味深く感じた。

喜多さんによると

リサーチの基本とは何かと問われたら、私は「網羅と分類」と答えます。クライアントや調査対象がどのような内容であっても、調べものや検索の手順は「網羅」を経て「絞り込み」へいくというのがセオリー。つまりいきなりズバリ、ストライクだけを探すことから始めないということです。

そして

リサーチの質を上げるのも下げるのも、この「網羅」にかかっているといっていいでしょう。私はこの作業を「脳内に地図を描く」と呼んでいます。情報のつながりを壊すことなく、理解し整理する方法です。
情報地図を描くとき、まずはていねいに概論に当たることが第一歩です。これが「地図の核」となります。すでに知っていることでも、改めて概況、定義をさらうことはとても意味があります。

と、とても系統だっていることに感心した。

そして、その基本の柱の一つ「網羅」に欠かせないのは

1.書籍 2.新聞 3.雑誌 4.インターネット 5.対人取材

の5つの基本ソースで、しかもこの順番でソースに当たっていくことが重要だという。

「書籍」がまず第一にくるのは「切り口」を手に入れるためで、

お題に関わる分野の書籍のタイトルを大量に眺めるという作業です。(中略)本の中身を読まなくても、情報が欲しい分野の本のタイトルを何十冊か見ると、そのなかに欠いてある情報は自然と自分のなかにできあがってきます。

ここで探すものは、情報そのものではなく「切り口」です。このお題をどの角度から切れば、おもしろい情報が引き出せるか、そまざまな切り口で描かれた書籍のタイトルから、たくさんのバリエーションを知ることができます。本は本文に限らず、タイトルも大変有効な情報なのです。

これは興味深いノウハウ。

具体的な情報検索のTipsとして面白かったのは

情報のとりこぼしを防ぐには、表現の幅を見込んだ特定の一歩手前の状態の言葉を検索語としなければなりません。

インターネットを情報ツールとして利用するときに、一番てっとり早い検証の方法は、検索を行うブラウザの画面を二つ並べて開くことです。見ているサイトでわからない言葉などがあったら、さっと二つ目のブラウザで調べます。「へえ、おもしろい」と感じる記事があったら、ほかではどんなふうに言われているのだろうかとか、これよりももっと深い事実はあるのかということをやはり、二つ目のブラウザで調べます。

の2点。

もう一つのリサーチの基本「分類」については

分類とは、あるべき場所に収納していくことなので、まずその収納先を用意するのです。
テレビ番組のリサーチの場合、情報は次の七つに大きく分類できると思っていいでしょう。
 1.定義
 2.具体例
 3.歴史
 4.最新情報
 5.達人
 6.解説者
 7.雑学トピックス

と、データの整理の仕方を定型化しているところが興味深い。

「情報力をアップする習慣術」という章では

お店に行くときは、それがたとえウィンドウショッピングであっても、買う物が決まっていたとしても、目的だけでさっさとすませて帰るのではもったいない。私はデパートに行ったら必ず最上階から地下まで見て回ります。

上階から下階まで、隅から隅まで一周して、各ジャンルの平積みや棚の本をチェックします。そうすると決して全国的なベストセラーではないけれど、この棚担当の書店員さんのイチオシの本にも出会えるわけです。

無意識にあなたが話している内容で、一分も会話をしないうちに、あなたの情報力のレベルは相手に伝わっています。(中略) 情報レベルが高い人は、固有名詞に強い人なのです。

情報力を高めるハウツーを突き詰めると、情報を編集する力なのだと思います。具体的にいうと、とにかく蓄積すること、上手に引き出す(上手に分解・整理する) こと、そして組み合わせて活用するということに尽きます。これが情報整理の常套手段だといえるでしょう。

などが興味深かった。



本書は全体的にとても示唆に富む内容で「テレビ番組リサーチャー」に特有の情報術ではなく、あらゆる分野での情報収集に関するヒントがたくさん載っていると感じた。個人的には特に、大量の書籍のタイトルから「切り口」を手に入れる部分やブラウザの画面を2つ並べて検索する方法などが面白かった。

『僕は君たちに武器を配りたい』

僕は君たちに武器を配りたい僕は君たちに武器を配りたい
(2011/09/22)
瀧本 哲史

商品詳細を見る

『僕は君たちに武器を配りたい』は瀧本哲史さんの若者向けの自己啓発書。瀧本さんはマッキンゼーを経てエンジェル投資家として活動をしつつ京都大学で「起業論」を教えている人物とのこと。

グローバル化による労働力の流動化とインターネットによる「教育コスト」の激減が人材の「コモディティ化」をもたらした。「コモディティ化」した人材は「安売り」する以外に道はなくなる。「コモディティ化」の潮流から逃れる唯一の方法は「スペシャリティ」になること。というのがこの本の概略。これにはかなり納得。

「スペシャリティ」を説明するのに漁師を使っていて、これがとてもわかりやすい。6つのタイプに分けていて

「トレーダー」=とれた魚をほかの場所に運んで売ることが出来る漁師
「スペシャリスト」=一人でたくさん魚をとるスキルを持っている漁師
「マーケター」=高く売れる魚を造り出すことができる漁師
「イノベーター」=魚をとる新たな仕組みを作り出す漁師
「リーダー」=多くの漁師を配下に持つ、漁師集団のリーダー
「インベスター」=漁についての深い知識を持ち、魚をとるための漁船と網を所有して、所有する船に乗っている漁師に魚をとらせる。

ただこの中でも「トレーダー」と「スペシャリスト」は価値を失いつつあるので、有望なのはそれ以外の4つのタイプだという。

面白いのは、これまでマネジメント論的な紹介のされ方をしてきたマーケティングやイノベーション、リーダーシップ、ベンチャー投資などについて、「個人が行動する指針」という切り口で紹介しなおしている点。ただ、その内容にはかなり濃淡があって、「マーケッター」と「イノベーター」の解説は豊富な例があって面白かったが、「リーダー」や「インベスター」については内容が薄く感じた。

全体的に、投資に関してに限らず、逆ばり投資的な観点で書かれている部分が多く、こういった本にしては新鮮で面白かった。例えば、

世界でもっとも長期にわたって成功している投資家一族、ロスチャイルド家も、この考え方で莫大な財産を築いてきた。「地面に死体が転がっているような不景気なときに投資をし、まだ早すぎるというタイミングで売り抜けろ」というのがルールなのである。

「現在絶好調な会社」に就職することは、言葉を変えると、「数年後には間違いなく輝きを失っている会社」に就職することとほとんど同義である。

大量のコマーシャルを打っている会社、「今流行ってる」商品・サービスを売る会社には気をつけよ!

など。

さらに

基本的に新聞には、誰かが「アナウンスしてほしい情報」だけが載っている。新聞やマスコミで公開された情報は、誰か声の大きな人間が、世間を自らの望む方向に誘導するために流している情報だと考えるべきなのだ。

とか

公開されている情報からでも、普通の人がやらない「一手間」をかけることで、大きな果実を手に入れられる。

というのも投資家的な考え方で面白い。

ただ、本書の最初のほうで、

勉強ブームの陰には「不安解消マーケティング」がある。勉強すれば大丈夫と安易に思うな。

と言っておきながら、本書の各章の最後には「ここまで手に入れた『武器』」というまとめページがあり、「手に入れた武器」とはかなり安易なタイトルだと感じた。穿った見方をすればこの本自体も「不安解消マーケティング」のターゲットが読者なんだろうから同じ穴の狢じゃないかとも言えなくもない。

あと、最後のほうで著者が小中学生のときに読んで価値観を変えられた本として吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』を挙げている。この本は僕にとっても子供の頃に真剣に物事を考えるきっかけになった本なので懐かしく感じた。
君たちはどう生きるか (岩波文庫)君たちはどう生きるか (岩波文庫)
(1982/11/16)
吉野 源三郎

商品詳細を見る
プロフィール

kaz

Author:kaz
本がとにかく好き。あとはテニス、映画、音楽、デジタル・ガジェットも。iPadラブ。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。