スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『首長パンチ』を読んでちょっと考えた

首長パンチ--最年少市長GABBA奮戦記首長パンチ--最年少市長GABBA奮戦記
(2010/12/08)
樋渡 啓祐

商品詳細を見る

『首長パンチ』は佐賀県武雄市の現職市長、樋渡啓祐さんの自伝。

一時話題になった日本Twitter学会の武雄市での開催は奇をてらった村おこし的活動かと思っていたが、その後の市役所全職員へのアカウントの配布や地域の高齢者へのTwitterの普及には「本気だったのか」とびっくりさせられた。

市役所にフェイスブック係ができる:日経ビジネスオンライン




全職員にツイッターのアカウントを配布した:日経ビジネスオンライン




ツイッターが結んだ縁:日経ビジネスオンライン




ツイッターが変えた被災後の情報伝達:日経ビジネスオンライン




フェイスブック係を作る市長:日経ビジネスオンライン




Twitterを使って孤独になりやすい高齢者に人とのつながりをもたらすというのは、ソーシャル・ネットワークのポジティブな利用方法の最たるものじゃないかと思う。

ということで、そういったソーシャル・ネットワークの利用を仕掛けている武雄市長の樋渡さんにはとても興味があり、かなりの期待を抱いてこの本を読んだ。

ところが、かなりがっかりの内容だった。36歳で市長になった樋渡さんの活躍の話と思いきや、本のほとんどは、財政悪化でにっちもさっちもいかなくなった市民病院の再建を巡る利益団体との泥沼化した戦いの記録だ。市の将来のために尽力している市長に対する、利益団体の度重なる攻撃と裏切り。

多分、これが現実なんだろう。この本に出てくるような自分たちの利益のためだけに政治的行動をする利益団体でがんじがらめになってしまっている政治。小説や映画なら強烈なカリスマや凄いアイデアでそんな奴らをばっさり切り捨てて大団円になるんだろうけど、現実は違うんだな。

でも、樋渡さんを筆頭に地域や日本を良くしようとする若い政治家が多くなっているのも事実。政治家頼みにするのではなく、普通の人々も小さくてもいいから行動を起こすべきなんだろう。そしてそれをサポートするような仕組みやサービスがもっと出てきてもいいとも思った。

たとえばこんなサービス
ONEは忙しい人が携帯から簡単に政治に参加できるiPhoneアプリだ


スポンサーサイト
プロフィール

kaz

Author:kaz
本がとにかく好き。あとはテニス、映画、音楽、デジタル・ガジェットも。iPadラブ。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。