スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥浩哉の「GANTZなSF映画論」最高!

親友に勧められた奥浩哉の『GANTZなSF映画論』を読んだ。なんだこれ・・・最高!
「これオレが書いた本ちゃうん?」
っていうのが一読しての感想。

出てくる映画がどれもこれも僕好みのものばかり。特に『遊星からの物体X』とか『バタフライ・エフェクト』『きみがぼくを見つけた日』『キングコング』『A.I.』『第9地区』とか一般的にはそんなに評価の高くないSF映画の好みがびしっと合っててビックリ。

当然、SF映画の定番の『ブレードランナー』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『マトリクス』もちゃんとある。新しめの映画では『猿の惑星:創世記』や『リアル・スティール』を高評価しているのもこれまた一致。『スプライス』や『ミミック』『ザ・セル』みたいな殆ど話題にならなかった映画について語ってるのもまた嬉しい。

このブログではこれまで
『<映画の見方>がわかる本』は映画好きのための「一粒で二度おいしい」解説本
ホラー映画が観たくなっちゃう荒木飛呂彦さんの『奇妙なホラー映画論』
という町山智浩さんと荒木飛呂彦さんの映画についての本を紹介している。

町山さんの本も好きな映画ばかり取り上げていて嬉しかったが、町山さんの本はただ映画を面白がるだけじゃなく、その作品の背景となった時代や下敷きになった映画や小説からその映画を読みといてくれるので、すごく勉強になる。

それに比べこの本は、飲み屋で好きな映画について趣味の合う友達ととめどなく語っているイメージ。すごく楽しくてずっとこの時間が続いてほしいという感じ。

荒木さんの本はホラー映画に対しての愛が溢れている。僕は自分のことホラー映画好きだと思ってたけど、この本を読んでまだまだ自分は甘いなと思った。っていうか実はホラー映画そんなに好きじゃなかったことに気付かされましたw

で、奥浩哉さんの本にはSF映画に対しての愛に溢れている。そしてそこに登場する殆どの映画を僕は観ていてその解説に一々膝を打つ自分ってやっぱりSF映画好きなんだな。

最初に戻るけど、これは僕が書きたかった本だ。こんな本書けたらいいなぁ。まあSF映画好きの人は是非読んでください。超楽しめますから。

そしてこの本が面白かった人は連絡ください。SF映画についてとめどなく話しましょう。

スポンサーサイト
プロフィール

kaz

Author:kaz
本がとにかく好き。あとはテニス、映画、音楽、デジタル・ガジェットも。iPadラブ。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。