スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助けあいジャパンチャリティセミナー

「ソーシャルシフト」斉藤徹さん&「明日のコミュニケーション」さとなおさん出版記念講演会 | PeaTiX

一昨日開催された『助けあいジャパンチャリティセミナー』に出席した。これは、さとなおさんが執筆した『アスへのコミュニケーション』と斉藤徹さんが執筆した『ソーシャルシフト』の刊行記念講演であると同時に、その講演会収入を3.11復興支援「助けあいジャパン」プロジェクトに寄付するチャリティイベントにもなっている。

もともとブログやTwitterでお二人の発信情報を興味深く感じフォローしていた。そのお二人の生の声が聞けるチャンスで、しかも、参加料金が復興支援プロジェクトの助けになるということで迷わず参加することにしたので、備忘録的にメモを残しておきます。(若干の記憶違いがあるかも知れません)

さとなおさんのお話
77FC5E41-35FA-40E7-98BF-88A9D14C44C2.JPG

ソーシャルメディアについて
時代がほんとうに変わってきた。エジプト革命が「カリスマリーダー」なしで起こったのはとても「ソーシャルメディア的」。

東日本大震災でも同じような動きがあった。3月11日の夜のソーシャルメディアはプロジェクトがいくつも立ち上がり始めて、奇跡を見るような感じがした。

ブログ時代にはこのような動きはなかった。昔はマスメディアという発信者がいて一般の人はそれを受けるだけ。ブログ時代は、一般の人に近いブロガーも発信者となったがそれは個別の動きだった。ソーシャルメディア時代になって、「関与する生活者」=アクションする人たちがソーシャルメディアでつながることができるようになった。

「関与する生活者」とは、問題意識や当事者意識を持って行動する人のこと。社会、文化、消費に大きな影響を与えるようになっている。しかも潜在関与者やプチ関与者も「RTボタン」や「いいね!ボタン」を押すだけで気軽に関与できるようになっている。

これまでは情報の発信者と受信者がはっきり分かれていたが、すべての受信者が発信者になれる時代になった。そしてその情報は全員のソーシャルグラフを通じて爆発的に広がる。ソーシャルグラフは情報インフラになった。

ソーシャルグラフ時代の「クチコミ」はハイパークチコミだ。ソーシャルメディア登場   以前のクチコミとは桁違いの爆発力を持つ。

「関与する生活者」「潜在関与者」「プチ関与者」が大勢つながり爆発的に情報を広め実際に行動する。ソーシャルメディアは社会や消費に大きな影響を与えるプラットフォームになった。

マーケティングについて
消費者の心理プロセスは、これまではAIDMAやAISASが注目されていたが、ソーシャルメディア時代にはSIPSが注目され、現在はその3つが起こっている過渡期。

SIPSとは、Sympathize(共感する)、Identify(確認する)、Participate(参加する)、Share,Spread(共有・拡散する)。

AIDMAの対象商品はコモディティ商品で、対象者はネット利用しない人
AISASの対象商品は高額商品で、対象者はリアルもネットも利用する人
SIPSの対象商品はあらゆる商品で、対象者はソーシャルメディアを利用する人

これまではアテンションで認知を増やしてきたが、これからは共感で伝播を増やす。またこれまでは新規顧客を獲得することが重要だったが、これからは既存顧客を大切にすることが重要。

時代は「マスメディア」から「マンメディア」へ。「マンメディア」の主体は生活者。人が人に伝えることで出来上がるメディア。流通貨幣は「共感」。

これからのマーケティングで重要なことは、
・情報をおせっかいに広げてくれる「エバンジェリスト」を味方に付けること。
・発信者への共感を丁寧に獲得すること
100万人の新規顧客に薄く伝えるより、100人のエバンジェリストに伝えることが大事。

「何を」言うかより「誰が」言うかが重要になってくる。

まとめとして
ソーシャルメディアを闇雲に礼賛するつもりはないが、すごい転機とチャンスが訪れている。ソーシャルメディアは色んな壁(人種、性別、年齢など)を乗り越え動きを加速する。

「時代は変わる」というより「時代を変える」でいこう。


斉藤徹さんのお話

F5A28620-41E1-435B-BB63-09DD9EF52B79.JPG

ソーシャルメディアというのは、情報ツールのことではなく、オンラインで会話している人々それ自体のこと。

人々はかつてないほど親密になった。信頼のきづなによって。生活者が変わりビジネスが変わる。人々がつながることにより社会がシフトする。

Facebook上の「一人当たりの情報共有量」が毎年2倍ずつ増加している。このような指数関数的な増加は「パラダイムシフト」を引き起こす。昔は「ムーアの法則」だったがこれからは「シェアの法則」

Googleは「機械がリコメンド」したが、ソーシャルメディアは「友人がリコメンド」する。
情報が友人を介して伝わる時代になった。

情報の流通の可否を発信者(マスメディア)ではなく中継者が決める時代。クチコミはコントロール不能なので透明な世界になってゆく。不誠実はブランディングは通用しない。

トフラーの「パワーシフト」という概念がある。力の源泉が「暴力」→「富」→「知識」へとシフトしてきているというものだが、その後に続くものが「共感」。「共感」を得るものが力を得る。
 ex. ユナイテッド航空とギターを壊された無名のミュージシャンの争いで、Youtubeで「共感」を得たミュージシャンが勝った。

Amazonの匿名のクチコミでもある程度の影響がある。友人のクチコミなら当然もっと影響力がある。そういう時代。

マーケティング的には、サイレントマジョリティの声をリアルタイムに傾聴し分析できる、マーケッター待望のツールがソーシャルメディア。
 ex. ソフトバンクではTwitterのソフトバンクに関するつぶやきを関係部署で共有。相談窓口からは得られない情報がたくさん収集できている。

「ソーシャルメディアのクチコミパワーをうまく活用して売上や利益を上げる」というのは間違い。
厚化粧のブランディングをやめ正しく顧客を把握し、魅力的な「ブランドの約束」を掲げ、それに基づく満足を与え続ける。人間関係と同様の「ロング・エンゲージメント」が重要。

これからのマーケティングは「ロイヤリティ・ループ」の構築が重要。
購入してもらった後がキモ。支持してもらって「きづな」を構築しリコメンドを得る。勝った人に「よくなかった」と言われたらおしまい。「きずな」が十分深まると「ロイヤリティ・ループ」が構築される。

顧客のロイヤリティを得るためには、優れた体験が大事。おもてなしの心でのサービスによって顧客は感動する。ソーシャルメディアを最も追い風にしているのは心から愛され共感されているブランド。
 ex. ザッポス、apple、スターバックスなど




お二人は中学時代の同級生ということだったが、同じように優しい雰囲気で、フレンドリーかつ丁寧にプレゼンされていて、とても好感が持てた。まさに「共感」のマーケティングを地でいっているというようにも取れた。

お二人ともマーケティング関係の方なので、マーケティング中心の話ではあったが、さとなおさんは「助けあいジャパン」プロジェクトを主催されているし、斉藤さんが作ったビデオはジョンレノンが出てきたりAppleの「Think different」のCMが挿入されていたり、マーケティングのみならず社会を変えていこうという高い意識がベースに感じられてとても嬉しく刺激になった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz

Author:kaz
本がとにかく好き。あとはテニス、映画、音楽、デジタル・ガジェットも。iPadラブ。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。