スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世界を変えるオシゴト』社会起業家になったふたりの女の子のお話


世界を変えるオシゴト 社会起業家になったふたりの女の子の感動物語 (講談社BIZ)世界を変えるオシゴト 社会起業家になったふたりの女の子の感動物語 (講談社BIZ)
(2010/05/26)
マリー・ソー、キャロル・チャウ 他

商品詳細を見る

『世界を変えるオシゴト』は社会起業家になった二人の女の子マリーとキャロルのお話。

同じようなバックボーンを持つ二人はハーバード大学のケネディスクールで出会う。ハーバード大学ケネディスクールは
将来国際機関や政府系機関で政策を立案したり、NPOやNGOなどで社会問題を解決できる人材の輩出をめざしています。
というところだ。そういう学校でも、実際に卒業して社会起業家になる人の割合はわずかに2%だったらしい。でも彼女らは
世界を良い方向へ変えていけるような仕事をしたい。それが私たち二人にとって共通の思いでした。
との強い思いを持って、社会起業家としてプロジェクトを立ち上げる。

最初のプロジェクトは、中国の貧困の村を巡回する「移動映画バス」というもの。これはいくつかの理由で頓挫するのだが
しかし、私たちは、これを失敗とは捉えませんでした。失敗から新たなチャンスが巡ってくることは、ケネディスクールで学んだ過去の統計データからすでに分析済みです。
と全くめげずに次のプロジェクトを立ち上げる。それがチベットの僻地で放牧されているヤク(牛科の動物)の乳が原料のチーズとヤクの毛を使った毛糸のビジネス。チーズを扱うブランドが「メイシャン」、毛糸を扱うブランドが「ショーケイ」という。

今回の最初の難関はチベットの地元の人々の協力がなかなか得られなかったことだ。
ショーケイプロジェクトを始めて最初に感じたのは、地元の人たちとの信頼関係を築くことの難しさでした。正直、私たちのビジネスのコンセプトが伝われば、地元の人たちも喜んで参加してくれるものと思っていました。ところが、なかなかそれが伝わらないのです。
二人はこういった困難にも体当たりでぶつかってなんとかクリアしていく。
どんなに学校で高度な知識を学んでいても、どんなにたくさんの事例を知っていても、所詮最後は、人間対人間。人とのつながりをどうつくっていくかが、プロジェクト成功の鍵のような気がします。
このようにして数々の困難をクリアして製品化した商品は順調に売り上げを伸ばす。そこには
ショーケイブランドの背景にあるストーリーに共感し、購入を決めたという人が意外に多かったのが、新鮮な驚きでした。世の中のために何か役立つことをしたい、世界の貧困状況の解決につながればと思う人たちは、私たちが想像する以上にたくさんいるのです。ただ、どんなアクションを起こしたらいいかわからない。そんな人々の潜在的な気持ちが、ショーケイのようなストーリーを知って、”ショッピング”で行動を起こすきっかけになったのかもしれません。
というような背景もあったのだろう。これは東日本大震災の後、チャリティ付きの商品やサービスが人気を出したことでも証明されていると思う。

「メイシャン」「ショーケイ」ともにビジネスとして成功を収め、ショーケイは世界13カ国に販売網を持ち、日本でも販売されている。
luxury with a story, style with a touch of humanity. | SHOKAY
ショーケイの日本のサイト

他に面白かった内容としては
世の中のために何か行動を起こすなら、より社会的に注目される方法で行いたい。この考え方は、その後のショーケイのビジネスにもつながっていきました。そして大きなインパクトを生むには、イノベーション、つまり、それまでにない新しいアイデアが大切だということも、このとき感じたことです。
ミシガン大学のプラハラード教授という経営学者が提唱した「ボトム・オブ・ピラミッド(経済ピラミッドの底辺)」理論にも触発されました。その理論によると、「全世界の毎日2ドル未満で暮らしている40億人こそ、次の世界貿易の牽引力となる。肝心なのは貧困層を被害者あるいは社会の重荷と見なすのではなく、活力と創造力がある起業家であり、価値ある消費者であると見なすべきだ」と。
があった。



日本では東日本大震災以降、仕事に対する価値観が変化してきているように思う。

ただ、東日本大震災がその変化を明確にしただけで、日本だけではなく世界中で、仕事の目的はお金儲けだけじゃないという考え方は既にトレンドになっていてパラダイム転換が起こりつつあるのかもしれない。そして、お金儲けに代わる仕事の目的がこの二人のように「世界を変える」ということなら未来も捨てたもんじゃないと感じた。

コメントの投稿

非公開コメント

彼女たちの常に前向きな思考に感動しました

Re: タイトルなし

激しく同意。素晴らしいね。
プロフィール

kaz

Author:kaz
本がとにかく好き。あとはテニス、映画、音楽、デジタル・ガジェットも。iPadラブ。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。