スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修善寺 也万波(やまんば)

P1010414.JPG
先日、河津桜を見に行って、その夜は修善寺に泊まった。夕食は修善寺駅の近くの也万波(やまんば)というお店に行った。
ここは1年ちょっと前にも行ったことがあって印象がとても良かったので2度目の訪問。前回は注文出来るメニューが少なかったが、今回は色んなメニューの中から選べたためか、改めてどれもすごく美味しく感じて感激した。

5人で、金目鯛の煮付け、花わさび丼×2、ずがにうどん、猪肉のステーキを注文。前菜の小皿料理はみんな共通で大皿で出てきた。煮物中心だがこれが絶品。基本的に煮物好きじゃないんだけど、写真撮るのも忘れて夢中で食べちゃいました。豆腐にも味がしっかりしみ込んでいたのには驚いた。自家製コンニャクも歯ごたえがあって絶品。当然のことながら卵焼きもとてもおいしい。

そのあと出てきたおでんとイカ焼きも素晴らしく美味しい。この時点でもうかなりお腹はふくれ気味。どの料理も地元の食材を使っていて、決して濃くはなく上品な味付けなんだけど、しっかり出汁が利いていてよく食材にしみ込んでいる。絶品ですね。

そしてメイン。僕は猪肉の鉄板焼きを頼んだ。普段は脂身が苦手でほとんど食べないんだけど、猪肉の脂身はとても美味しくて問題なく完食。さらに鉄板に残った油の上で焼いていただいたご飯もまた美味しい。
IMG_0838.JPG

ずがにうどんは修善寺の郷土料理で、川で採れる「ずがに」という上海蟹に似た蟹の身と味噌を具にしたうどん。こちらも麺を食べたあとはご飯を入れて雑炊のようにしてくれる。
IMG_0836.JPG

花わさび丼は、分厚く削った削りたてのかつおぶしとわさびの茎、わさびの葉、海苔が乗ったごはん。すり下ろしたてのわさびをまぶして食べる。
IMG_0840.JPG
写真は撮らなかったけど、金目鯛の煮付けもふっくらしていて美味しかった。

デザートは、当日焼いたクッキーか、イチゴのジュレが乗ったヨーグルトか、黄金柑(おうごんかん)。イチゴのジュレは自家製。黄金間は地元で採れる外見は檸檬色した蜜柑ではっさくのような甘酸っぱい味。
IMG_0843.JPGIMG_0841.JPG

本当に美味しかったぁ。この味でこの量で3000円はとてもリーズナブル。美味しくてアットホーム。修善寺近辺に行かれた方にはこのお店超お勧めです。お母さんと息子さんが二人でやっている小さなお店なので、予約して行ったほうがいいみたい。
P1010416.JPG

これはお店の名刺。
也万波

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz

Author:kaz
本がとにかく好き。あとはテニス、映画、音楽、デジタル・ガジェットも。iPadラブ。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。