スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂漠

砂漠 (新潮文庫)砂漠 (新潮文庫)
(2010/06/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
伊坂幸太郎は乙一と並んで若い頃から素晴らしい作品を出し続けている才能の溢れた作家というのが僕の中での位置づけ。作風は全く異なるけれど、二人とも大好きな作家だ。

「砂漠」は、入学した大学で友人になった5人組の平凡な大学生活といくつかの事件を描いた作品。文庫版の解説にもあるように、主人公たちは「無意味な時間をたっぷり過ごしている」。この空気感は行定勲監督の「きょうのできごと a day on the planet」と同様に、大学時代の贅沢な時間の使い方を思い出させて結構好きだ。

伊坂幸太郎の作品に共通した特徴は二つあると思う。一つは「ユーモアと軽さ」。殺人事件や殺し屋を扱った小説でも常に重くならずに徹底して軽く、そこにはユーモア感まで漂っている。これって恐らく伊坂幸太郎の性格の本質的なものから来ているんだろうと思っていたけど、本人も意識しているようで、登場人物に「売れる小説の条件」として

ユーモアと軽快さと、知的さだ。

と言わせている。

もう一つは、構成力。バラバラに進んでいた幾つものエピソードがエンディングに向けて見事に収束する。そういうのってテクニックに走った感じで嫌味になる小説もあるけど、伊坂幸太郎の場合は嫌味にならずに「やられたな~」って感じる事が多い。

「砂漠」はエンディングに向けての見事な収束はあまりない。どちらかというと一つ目の特徴の「ユーモアと軽さ」のウェイトが大きい。それに加えて「砂漠」では世界に対する正義的な向き合い方へのポジティブな考えが色濃く出ているように思う。

登場人物に、一見デブでダサくて強情で現実離れしているやつなんだけど、常に世界に対して自分ができる正しい行動は何かを考え実際に行動しようする「星の王子様」を地で行くような奴がいる。こいつが妙に魅力的に描かれているのだ。

この辺りはサン=ティグジュペリにインスパイアされているようで、サン=ティグジュペリの本からの引用が数箇所ある。

彼方で人々が難破している時に、手をこまねいてはいられない。

僕が泣いているのは、自分のことなんかじゃない!

人間であるということは、自分には関係がないと思われるような不幸なできごとに忸怩たることだ。

こういう考え方、僕は好きです。

「砂漠」は学生時代の無意味に過ごす贅沢な時間とそういう時期にしか考える事ができにくい正義感を楽しむ事ができる伊坂幸太郎流青春小説だと思う。エンディングに向けてのいつもの華麗な収束の爽快感はないけど、新たな伊坂幸太郎の一面が楽しめる後味のいい作品だった。

きょうのできごと スペシャル・エディション [DVD]きょうのできごと スペシャル・エディション [DVD]
(2004/08/25)
田中麗奈、妻夫木聡 他

商品詳細を見る


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz

Author:kaz
本がとにかく好き。あとはテニス、映画、音楽、デジタル・ガジェットも。iPadラブ。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。