スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プロメテウス」観てきた!



「プロメテウス」を観てきました。大好きな「エイリアン」や「ブレードランナー」のリドリー・スコット監督の最新作で「エイリアン」の前日譚となれば、否が応でも期待が高まります。

内容は、地球上のいたるところの古代遺跡に描かれた巨人の惑星に人類の起源を探るべく向かったプロメテウス号が遭遇する恐怖の物語。「エイリアン」でSFホラーというジャンルを確立してから33年、やはり同じSFホラーの土俵で勝負です。

ちなみにエイリアン・シリーズは
  • 「エイリアン」はご存知リドリー・スコット監督でSFホラー。
  • 「エイリアン2」は「タイタニック」「ターミネーター」「アバター」のジェイムズ・キャメロン監督でSFアクション。
  • 「エイリアン3」は「セブン」「ファイトクラブ」「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」のデヴィッド・フィンチャー監督でなんとも形容しがたい作品。
  • 「エイリアン4」は「デリカテッセン」「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督でSFダークファンタジー。
と4作全部別々のしかも名だたる監督の作品で、同じ設定を使いながら映画のテイストが全く異なるという異色のシリーズです。こんなシリーズ物他にないでしょ。

33年間の成果はあったのかというと、たしかに映像的には凄いです。でも初めて「エイリアン」を観た時の衝撃はないし、「あれ?これどこかで観たシーンだな」みたいな場面が多々。

さらにプロメテウス号の惑星探索の真の目的など、映画を見ているだけでは辻褄があわない部分が至るところに。「ダークナイト・ライジング」が辻褄があわないと酷評されているらしいけど、よっぽどこっちのほうがひどいです。

ただ、アンドロイドがホログラムのようなスターマップに囲まれてうっとりするところは、本当に素晴らしい映像。あんな映像装置があったら絶対欲しいです。

ま、ちょっと辛口になってしまいましたが、時間を忘れて楽しめる映画であることは間違いありません。リドリー・スコット監督ということと映画館で観た予告編がカッコよすぎたのとで期待値が高すぎたということですね。

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP) 2012-07-18
¥ 4,354

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz

Author:kaz
本がとにかく好き。あとはテニス、映画、音楽、デジタル・ガジェットも。iPadラブ。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。