スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「64」は横山秀夫の最高傑作!

横山秀夫の「64」を読みました。これは傑作です。最近「光圀伝」や「何者」、「県庁おもてなし課」など面白い小説に恵まれていたんだけど、これは別格ですね。凄すぎる。


もともと横山秀夫の小説は「半落ち」や「クライマーズ・ハイ」などすこぶる面白い作品が多いけど、この「64」は横山秀夫の最高傑作といって間違いないでしょう。


D県警の刑事上がりの広報官が主人公。家庭にも大きな問題を抱えながら、警察では現場とキャリアの間で苦悩し自らのアイデンティティに悩んで仕事をしている。そこに警察庁長官の視察と未解決だった14年前の誘拐事件を真似た誘拐事件が起こる。


次々に起こる難題と意外なストーリー展開。647ページの分厚い本ですが、一気読みです。誘拐事件と新聞社とのせめぎあい、署内の派閥争いの中で試される自らのアイデンティティと矜持。痺れますね。


横山秀夫の「64」、この本読まないと損ですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz

Author:kaz
本がとにかく好き。あとはテニス、映画、音楽、デジタル・ガジェットも。iPadラブ。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。