スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレベーター

悪夢のエレベーター [DVD]悪夢のエレベーター [DVD]
(2010/03/19)
内野聖陽、佐津川愛美 他

商品詳細を見る

「悪夢のエレベーター」を観た。コメディアンの堀部圭亮の初監督作品らしいが、結構よくできていてなかなか楽しめた。なかでも前半のやくざ者(内野聖陽)とイケメン(斉藤工)とジョギングウェアのおっさん(モト冬樹)と自殺願望を持つゴスロリ少女(佐津川愛美)の4人がエレベーターに閉じ込められて繰り広げられる場面は、「キサラギ」を思い出させるシチュエーション・コメディに仕上がっていて笑えた。特に内野聖陽演じるやくざ者が可笑しい。内野聖陽がこういう演技ができるって知らなかった。後半は一転、どんでん返しが続くミステリー仕立てに。このあたりのどっちつかずさがallcinemaなんかでの低評価につながっているのかも。

エレベーターって密室で一緒にいるのは他人ってことが多いし、基本的に宙吊りという不安定な状態なので不安感をあおる要素は満載だ。

僕がエレベーターを舞台にした映画で傑作だと思うのは「CUBE」で有名なVincenzo Natali監督のショートフィルム「ELEVATED」。



あいにくスペイン語(?)の字幕版しかYouTubeになかったけど、これを観て興味をもった方は「CUBE」のDVDに特典映像として付いてます。といっても最近のDVDだと版権の関係で付いてないそうなので、古いDVDで見つけてください。
CUBE (期間限定生産) [DVD]CUBE (期間限定生産) [DVD]
(2005/03/02)
モーリス・ディーン・ウィント、ニコール・デボアー 他

商品詳細を見る


「ELEVATED」の凄いところは、密室に閉じ込められ情報が不足している中で高まる不安と不信感を見事に描いているところ。エレベーターの外に本当にモンスターがいるのか?人間がモンスターなのか?この辺は霧の中で孤立するスーパーマーケットを舞台に恐怖を描いたスティーブン・キングの「ミスト」とも合い通じるものがある。
ミスト [DVD]ミスト [DVD]
(2010/02/17)
トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン 他

商品詳細を見る
下はスティーブン・キングの原作の傑作中篇「霧」が入った短編集。最高に怖いです。
スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)
(1988/05)
スティーヴン キング

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz

Author:kaz
本がとにかく好き。あとはテニス、映画、音楽、デジタル・ガジェットも。iPadラブ。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。