スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『…絶句』

…絶句〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)…絶句〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/09)
新井 素子

商品詳細を見る

…絶句〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)…絶句〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/09)
新井 素子

商品詳細を見る

『…絶句』は新井素子の1983年の作品で、少し前に紹介した『ハローサマー、グッドバイ』と同様に絶版になっていた名作が久々に復刊したということらしい。小飼弾さんや友人の娘が絶賛していたので、かなり期待して読んだ。

けれど、その素晴らしさはやっぱりわからなかった。やっぱりというのは、新井素子の作品は昔、流行った頃に読んだ記憶があるのだが、肌に合わなかったので途中で挫折した記憶があったから。

ストーリーは、新井素子という女子大生のSF作家の卵が主人公で、ある日突然、自分の書いた小説の登場人物が実体化してしまう、というメタ構造を持った小説。実体化するのは、めちゃくちゃ強いヒーローや天才マッド・サイエンティスト、超能力を持つ美少女風男子、主人公にそっくりな半人半猫、チェシャーキャットなどで、これらの登場人物が中心となって、猫による革命や、宇宙生命体との対決などが立て続けに起こりハチャメチャな展開になる。

口語的な文体やキャラの立った人物設定や「セカイ系」的展開など、ライトノベルの典型と感じさせる作品で、ライトノベルの草分けという意味で歴史的価値があるのかもしれない。

僕がついていけなかったのは、感情のないとされている宇宙生命体が途中から主人公と口喧嘩を始める場面に代表されるおちゃらけた部分で、笑えるほどナンセンスでもなくどうも居心地の悪さを感じてしまう。本編に比べて、今回の復刊で新たに書き下ろされたスピンアウト的な短編2篇はとても面白かった。もしかしたら、今の新井素子の作品なら大丈夫なのかもしれない。

小飼弾さんの絶賛の論点は、高度な文明を持つ宇宙生命体に対して文明的に遥かに劣る人類の価値は人類にとっても軽いのかというものだったと思う。同じような論点は、ハインラインのジュブナイルSFの『大宇宙の少年』で展開されていて、僕的にはこちらの作品の方が好きだ。同書では、ひょんなことから宇宙裁判所に連れて来られる羽目になった少年が人類の存亡をかけて演説する。

ちなみに、『大宇宙の少年』は旧版の『スターファイター』も含めAmazonのカスタマーレビュー全てが星5つの満点を取っているという作品で、僕と同じように思い入れのある人が多いらしい。


大宇宙の少年 (創元SF文庫 ハ 1-7)大宇宙の少年 (創元SF文庫 ハ 1-7)
(2008/09)
ロバート A.ハインライン

商品詳細を見る

スターファイター (創元推理文庫)スターファイター (創元推理文庫)
(1986/04)
ロバート A. ハインライン

商品詳細を見る


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz

Author:kaz
本がとにかく好き。あとはテニス、映画、音楽、デジタル・ガジェットも。iPadラブ。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。