スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大坂商人の真骨頂を描く『銀二貫』

銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫)銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫)
(2010/08/05)
高田 郁

商品詳細を見る

『銀二貫』は高田郁さんの時代小説。二人の本好きから別々に勧められていた本。本屋でなかなか出会えなかったけれど、やっと見つけて読むことができた。面白かったです。勧めてくれた二人に感謝。

大坂で寒天問屋・井川屋を営む和助は仇討ちで父を亡くした鶴之輔を銀二貫で救う。井川屋に丁稚として迎えられた鶴之輔は松吉と名付けられ商人としての人生を歩む。得意先の料亭の真帆屋親子との運命的な出会いにより松吉が人生をかけて追い求める目標と恋とがもたらされる、というストーリー。

主人公の松吉の人生の目標と恋に対する一途な思いと松吉の周りの人たちの温かさが読んできて清々しい。

それに加え、この小説では「銀二貫」が要所要所で重要な役割を果たす。当初は火災で焼失した天満天神宮の再建のために用意した「銀二貫」が和助の命を助け、その後も溜めては天満天神宮に寄進する前に人助けのために使ってしまう。しかしその「銀二貫」は巡り巡って多くの人々を幸福にする。これぞ「生き金」ですね。大坂商人の真骨頂といったところ。

何度も災害に遭いながら力強く立ち上がる大坂商人たち。東日本大震災の余震も治まらぬ時期にこの本を読んだのも何かの縁かなとも思う。沢山の人の義援金が「銀二貫」のように「生き金」になってくれるといいな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz

Author:kaz
本がとにかく好き。あとはテニス、映画、音楽、デジタル・ガジェットも。iPadラブ。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。