スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スーパー!』は中年男版『KICK ASS』の変な映画

映画「スーパー!」公式サイト
公式サイトはこちら→http://www.finefilms.co.jp/super/

『スーパー!』は『スリザー』を初監督したジェームズ・ガンが撮った中年男版『KICK ASS』。妻を寝取られたさえない中年男が、神の啓示を受けコスチュームを身にまとったヒーロー「クリムゾンボルト」になり悪党どもをやっつけるというストーリー。

『KICK ASS』の場合、ダメダメなオタクの高校生のヒーローの相棒は「ヒットガール」だが、『スーパー!』にも主人公の「クリムゾンボルト」の相棒にはエレン・ペイジ演じる「ボルティー」がいる。

「ヒットガール」は愛らしい小学生だがギャングどもを殺しまくる人間兵器っていうミスマッチの楽しさがあったが、「ボルティー」はコミックオタクのイカれた女でしかもかなり淫乱。体に密着したコスチュームが結構いろっぽくて、しかも自分でもそれを意識している。

『KICK ASS』はダメダメなオタク高校生と正統派の正義の味方という組み合わせだが、『スーパー!』はさえない中年男とイカれた20歳過ぎの女との組み合わせで、かなりイタい。戦闘シーンも、『KICK ASS』はヒットガールの華麗な殺戮シーンが爽快だけど、『スーパー!」はクリムゾンボルともボルティーもカッコわるくてしかもかなりエグいシーンが多い。

でも、僕はこの映画好きだな。クリムゾンボルとボルティーのダメダメっぷりも愛しいし、それと釣り合ってない戦闘シーンの残虐さがなんか変で面白い。エレン・ペイジのイカれ女っぷりも最高!『KICK ASS』のように誰にでも勧められる映画じゃないけど、変な映画が好きな人にはお勧め。

主人公の妻役はリブ・タイラー。歳は取ったが相変わらず美しい。その妻を寝取る悪党役はケビン・ベーコン。悪役やらせると天下一品だね。

それにしても、今をときめくエレン・ペイジやリブ・タイラー、ケビン・ベーコンっていう有名どころが出てるっていうのに、このプロモーションの少なさは何なんだろ?

そもそも上映館が東京で2館、横浜で1館しかない。近場の横浜にある横浜ニューテアトルをに行ってみたら、歴史はありそうな映画館だけど、今時スクリーンが一つしかなく館内はカビ臭くて座席もふにゃふにゃ。しかも観客は7人!

『キサラギ』を観た時を思い出した。あの時も映画館には3組のカップルしかいなかった。結局『キサラギ』は静かに人気を持続してロングランとなり、レンタルDVDもいつも貸し出し中という人気作になった。

この『スーパー!』もそういう映画になってくれたらいいな。

キサラギ スタンダード・エディション [DVD]キサラギ スタンダード・エディション [DVD]
(2008/01/09)
香川照之、ユースケ・サンタマリア 他

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz

Author:kaz
本がとにかく好き。あとはテニス、映画、音楽、デジタル・ガジェットも。iPadラブ。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。