スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一気読み『光圀伝』

冲方 丁
角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-09-01
¥ 1,995
冲方丁の『光圀伝』を読んだ。凄く面白くて一気読みした。以前、同じ作者の『天地明察』も読んだがやはり一気読みだった。その時のエントリー→ 『天地明察』と『エースをねらえ!』

もともと『マルドゥック・スクランブル』シリーズでSF作家として有名だった冲方丁だが、前作の『天地明察』で初の時代小説でいきなり傑作を書いて世間を驚かせた。それに続く時代小説2作目の『光圀伝』は前作に負けない傑作だと思った。とにかく読んでいて面白すぎて止まらない。

『光圀伝』は名前の通り水戸光圀の一生を描いた作品だ。あのTVシリーズでお馴染みの水戸黄門だが、TVの印象とは全く違う水戸光圀がここに描かれている。

光圀の生きた江戸初期はとても興味深い時代だ。特に光圀の若い頃は、3代将軍家光の治世で徳川幕府が安定期に入りつつある時代だった。戦は影を潜め文治の世となり、戦で名を挙げられなくなった武士は武道に劣らず文道も修練した。そういう時代背景において光圀も詩で天下を取るとの大志を抱いた。

また光圀は、詩を上達するうえの理論的バックグラウンドとして儒学を徹底的に学んだ。そして、水戸光圀は一生を通して「義」に生きることになる。「義」を大辞林でひくと5つの意味があるが、ここでは
儒教における五常(仁・義・礼・智・信)の一。人のおこないが道徳・倫理にかなっていること。(大辞林より)
を指す。

本書は、そのような環境の中で水戸光圀が
  • 兄を差し置いて水戸藩当主となった不義を解消して大義を全うすること
  • 若い時に誓った詩で天下を取ること
  • 伯父の尾張当主徳川当主の義直から引き継いだ日本に「史記」のような歴史書を作ること(それが「大日本史」となる)
の3つのライフワークを見出し達成するまでをつぶさに描いている。

この3つのライフワークを手がけるにあたって大きな役割を果たしたのは友と妻だ。それぞれ光圀の良き理解者であるとともに切磋琢磨するライバルでもある盟友だった(そういう理解者を持つことの素晴らしさは『天地明察』でも描かれていて、その時は主人公の安井算哲の盟友としての和算の天才・関孝和だった)。その存在がどれほど光圀を救ったか。それだけに、彼らを相次いで失った時の光圀の喪失感は深く、読んでいても辛かった。

また前作との違いは、マネジメント的視点が加わったことだろう。『天地明察』の安井算哲が命じられる側の人間だったのに対し光圀は命じる側の人間だから当然かもしれないが、前作にはない魅力になっている。

三顧の礼を持って招いた明の知識人・舜水の言葉に対し
『一日にしてなるのは紙の城である。百年の歳月をかけるのが石の城である。あなたは一日にしてなるような城を目指すべきではない』
この瞬間、光圀の中で何かが完全に吹っ切れた。あの水道工事のような突貫工事を延々と民に強いる王になってはならないと心のどこかで常に思い続けていた。だがどうにもならなかった。その焦燥の火を、たった今、この老いた賢人の優しい息吹が、あっさりと消し去ってくれた。
若くして水戸徳川の当主となり藩の改革を焦ってしまったことを省み、藩の運営に長期的な視点を持つようになる。

また、子供の縁談を大老の酒井に持ちかけた時に
だから、じっくり布石を打つ。光圀と酒井が、布石を打っているという態度も隠さず城中で見せる。そうすることで既成事実を積み上げていく。
(こうまで、焦ることを知らぬか)
初めて見る生き物に出くわした感じだった。こういう性質を持った人間を将軍補佐に据えた、今は亡き老中たちならびに正之の見識にこそ、惚れ惚れする思いだった。
と、長期的な視点を持つ人物を評価できるようになった。

人物を育てることも含めて長期的な視点を持って事業を運営してゆく大切さを肌で感じさせてくれるマネジメントの教科書にもなっていると思った。

なにはともあれ読んでいてワクワクします。前作の『天地明察』とともにお勧めの一冊です。

冲方 丁
角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-12-01
¥ 1,890

電子書籍がどこが安いかを調べるのは「電子書籍サーチ」が便利

Kindleの発売でいよいよ本格的な電子書籍時代が始まりますね。

個人的には、これまではAmazon.comで買った英語の電子書籍をKindle keyboadとKindle fo PC、Kindle for iPad、Kindle for iPhoneのクロスデバイス環境で常に同期して読めるという快適な環境と電子書籍の安さに大満足だったので、日本でもKindleに頑張って欲しいです。

ただ、まだ日本ではAmazonは後発で、Kinoppy(紀伊国屋)なんかも頑張っているので勝負はまだついてないような気がします。

勝負のポイントはクロスデバイス環境の快適さ、書籍数の多さ、書籍の安さなどだと思いますが、書籍の安さって調べるの大変ですよね。本ごとにそれぞれのストアに行くのは阿呆らしいです。

そういう時に便利なのがこのサイトです
電子書籍サーチ - 電子書籍と紙書籍の価格比較と検索サービス


検索窓に書籍名やISBN番号を入力すると紙の本と電子書籍の値段が書籍通販サイトと電子書籍配信サイト別に一覧表示されます。

たとえばKindleストアで215円というキャンペーン価格になっていて話題になっている「テルマエ・ロマエ(第1巻)」を検索すると、こんな結果が出ます。
電子書籍サーチ  テルマエ ロマエ I  BEAM COMIX   ヤマザキマリ 093315

とりあえずKindleを試すために安い「テルマエ・ロマエ」を購入してみたという人の話を何人かネットで見かけましたが、安さだけに限って言えば「BookLive!」が無料で配信してるんですね。

電子書籍を値段だけで選んでリーダーががばらばらになってしまうというのも使い勝手が悪いですが、全体的な安さがどの電子書籍配信サイトを選ぶかの大きなポイントになると思うので、このサイトは便利じゃないかと思います。

あと最後に、このサイトの書籍名での検索はヒット率が良くないようなのでISBN番号で検索したほうがいいと思います。またブックマークレットが「使い方」に用意されています。ブックマークレットを使うと
書籍ページを閲覧中にブックマークレットをクリックするだけでその書籍について電子書籍サーチで検索ができます。
ということなので、これが一番お勧めですよ。

Kindleストアのアカウント結合について

Kindle App
カテゴリ: ブック
価格: 無料


いよいよ日本でもKindleの発売とともにKindleストアがオープンしました。これまでamazon.comのKindleストアを利用して英語の電子書籍を読んでいたんですが、とうとう日本語でもあの快適な環境が利用できるのかと思うと嬉しいかぎりです。

さらに、こんな素敵なニュースが飛び込んできました。

ニュース - 「Amazon.comで購入した書籍も引き継げる」米アマゾンKindle担当者Q&A:ITpro

なんと「Amazon.comで購入した書籍も引き継げる」というのです!

そこでちょっと調べてみました。

Amazon.co.jpのこちらのサイトにAmazon.comのアカウントとAmazon.co.jpのアカウントの結合についての説明がありました。

Amazon.co.jp ヘルプ: アカウントの結合


気になったのはこのサイトの下の方にある「よくある質問」でのこの説明。
Amazon.co.jp ヘルプ: アカウントの結合
アカウントを結合した後は、Amazon.co.jpかAmazon.comかのどちらかしか購入サイトとして選べないということです。

購入できる商品の違いはこちらの表に。
Amazon.co.jp ヘルプ: アカウントの結合
この表でAmazon.co.jpに取り扱いがなくて使ったことがあるのはAudibleのオーディオブックくらいでしょうか。といっても何点か購入して殆ど使ってない状態なので大きな問題ではありません(汗)

問題は、一番利用頻度が高い電子本(英語)です。ジャンルとしてAmazon.co.jpでも取り扱い可能となっていますが、内容はどうでしょう?

とりあえず電子本(英語)で一番良く読んでいるiOSのプログラムの解説書で調べてみます。ちなみにiOSのプログラムの解説書は英語のものが圧倒的に質が高いものが多い上に新しいバージョンのOSにも対応が早いんです。

そこで「ios development」で検索してみました。
こちらがAmazon.comの検索結果
Amazon.com: ios development: Kindle Store

小さくて見えにくいかもしれませんが、検索結果130件のうち12件を表示しています。

Amazon.co.jpはこちら
Amazon.co.jp: ios development - Kindle洋書: Kindleストア

検索結果101件のうち12件を表示しています。微妙に少ないですね。それよりも問題なのは検索の上位に来ているのが結構違うことです。Amazon.comのほうが納得できる本が多く表示されています。検索のソートはどちらもデフォルトの「関連性(Relevance)」です。ソートを「人気度(Popularity)」に変えてもAmazon.co.jpの検索結果はイマイチでした。

個別の本の検索結果はどうでしょうか。iOSの名解説書として知られる通称ヒレガス本「iOS Programming: The Big Nerd Ranch Guide, Third Edition (3rd Edition) 」を見てみましょう。

こちらがAmazon.com
iOS Programming: The Big Nerd Ranch Guide,Third Edition (3rd Edition) (Big Nerd Ranch Guides): Aaron Hillegass,Joe Conway: Amazon.com: Kindle Store

こちらがAmazon.co.jp
Amazon.co.jp: iOS Programming: The Big Nerd Ranch Guide, Third Edition (3rd Edition) (Big Nerd Ranch Guides) eBook: Aaron Hillegass, Joe Conway: Kindleストア

金額はAmazon.comが28ドルで、Amazon.co.jpが2255円。換算レート1ドル80.54円というのはまったく問題はないと思います。(参考:2012.10.25時点の為替レート:1ドル79.978円)

情報量はどうでしょう。本の内容やカスタマーレビューはAmazon.comのものと同じで情報を共有しているようです。違いは「Customers Who Bought This Item Also Bought」がAmazon.comにはあってAmazon.co.jpにはないことです。これ↓
iOS Programming: The Big Nerd Ranch Guide,Third Edition (3rd Edition) (Big Nerd Ranch Guides): Aaron Hillegass,Joe Conway: Amazon.com: Kindle Store

どうせAmazon.comから情報をもらっているんなら、これももらえばいいのにね。不思議です。

結論としては、決まった電子書籍(英語)を買うのであればAmazon.co.jpでもAmazon.comでも問題無さそうですが、検索やリコメンドはAmazon.comのほうがAmazon.co.jpより情報の的確さや情報量の多さで使い勝手がよさそうです。

ということで、僕は今のところ「アカウントの結合」は見合わせようかなと思います。今後のAmazon.co.jpのKindleストアの成長に期待ですね。


(追記)上記エントリーを書いた後このエントリーを見つけました。同じメールアドレスで日米のAmazonアカウントを作り、日本でコンテンツを購入した段階で米国で購入したコンテンツが表示されなくなるそうです。要注意!
Kindle本の日本発売で米国アカウントユーザーが注意すべきこと - ITmedia ニュース


あと、Amazon.co.jpのKindleストアが成長十分成長した暁には「アカウントの結合」をしたいと思っていますが、その方法は以下のエントリーで詳しく紹介されていました。ありがとうございます。
既存Kindleユーザの日米Amazonアカウントのライブラリ統合について | 代助のブログ

「プロメテウス」観てきた!



「プロメテウス」を観てきました。大好きな「エイリアン」や「ブレードランナー」のリドリー・スコット監督の最新作で「エイリアン」の前日譚となれば、否が応でも期待が高まります。

内容は、地球上のいたるところの古代遺跡に描かれた巨人の惑星に人類の起源を探るべく向かったプロメテウス号が遭遇する恐怖の物語。「エイリアン」でSFホラーというジャンルを確立してから33年、やはり同じSFホラーの土俵で勝負です。

ちなみにエイリアン・シリーズは
  • 「エイリアン」はご存知リドリー・スコット監督でSFホラー。
  • 「エイリアン2」は「タイタニック」「ターミネーター」「アバター」のジェイムズ・キャメロン監督でSFアクション。
  • 「エイリアン3」は「セブン」「ファイトクラブ」「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」のデヴィッド・フィンチャー監督でなんとも形容しがたい作品。
  • 「エイリアン4」は「デリカテッセン」「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督でSFダークファンタジー。
と4作全部別々のしかも名だたる監督の作品で、同じ設定を使いながら映画のテイストが全く異なるという異色のシリーズです。こんなシリーズ物他にないでしょ。

33年間の成果はあったのかというと、たしかに映像的には凄いです。でも初めて「エイリアン」を観た時の衝撃はないし、「あれ?これどこかで観たシーンだな」みたいな場面が多々。

さらにプロメテウス号の惑星探索の真の目的など、映画を見ているだけでは辻褄があわない部分が至るところに。「ダークナイト・ライジング」が辻褄があわないと酷評されているらしいけど、よっぽどこっちのほうがひどいです。

ただ、アンドロイドがホログラムのようなスターマップに囲まれてうっとりするところは、本当に素晴らしい映像。あんな映像装置があったら絶対欲しいです。

ま、ちょっと辛口になってしまいましたが、時間を忘れて楽しめる映画であることは間違いありません。リドリー・スコット監督ということと映画館で観た予告編がカッコよすぎたのとで期待値が高すぎたということですね。

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP) 2012-07-18
¥ 4,354

やっぱりよかった「ダークナイト ライジング」

「ダークナイト・ライジング」すごく良かったです。「ダークナイト」ほどの凄みなかったけれど、いろいろ希望の持てる続編でした。

なんといっても今回の見所はアン・ハサウェイだと思いますね。これまで執事のマイケル・ケインとウェイン産業社長のモーガン・フリーマンしか理解者がいなかったバットマンですが、この二人は仲間と言うよりは部下ですよね。

アン・ハサウェイ演じるセリーナ・カイルは、バットマンと同様に表と裏の顔を持ち、バットマン=ブルース・ウェインをちゃんと受け入れるという役どころ。その辺りが、あまりにも孤独で過酷なバットマンというの存在への救いになって嬉しかったです。「ダークナイト」で死んでしまった幼馴染のあまり可愛くもないヒロインがバットマン=ブルース・ウェインを全否定していたのとは大違いです。

アン・ハサウェイは可愛い上にすごくアクションがカッコよくて役(キャットウーマンなのかな?)にはまってましたね。これまであまりいい印象じゃなかったんですが、ファンになりました。
映画『ダークナイト ライジング』公式サイト

バットマンのもう一人の理解者になる巡査役のジョセフ・ゴードン=レヴィットもなかなかよかったです。「500日のサマー」の時はあまりにも情けない役だったけど、今回は心なしか顔つきも男らしくなったよう。最後の場面が「なるほど!」となります。
映画『ダークナイト ライジング』公式サイト

しかし、この映画の僕の一番のお気に入りは、「ダークナイト」から登場している「バットポッド」(バットマンが乗っているバイク)です。今回も登場しているんですが、進化していてめちゃくちゃかっこいい!カーブを直角に曲がる時のギミックが最高!堪らないです。欲しい!
映画『ダークナイト ライジング』公式サイト
アン・ハサウェイがバットポットに乗っているところ。最強の組み合わせ!
プロフィール

kaz

Author:kaz
本がとにかく好き。あとはテニス、映画、音楽、デジタル・ガジェットも。iPadラブ。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気エントリー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。